ダイエット 食事

ファスティングダイエットをしてみた(概要編)

投稿日:2021年2月2日 更新日:

ダイエット動画をよく視聴するようになって、ちょっと気になるダイエットをしてみたくなりました。
その名も――

ファスティングダイエット

です!

「ファスティングダイエットをやったよ!」と言っても、「何それ?」とよく聞き返されるのですが、要するに「断食」の事です。
「断食」と聞くと「修行僧がやっているような苦行?」、「体に悪そう…」といったようなイメージがあります。
実は自分も最初はそう思いました。

しかし、最近では健康法として見直されています。
ちゃんとルールを守り、無理のないファスティングをすれば、キレイに痩せ、健康にもなれます!
しかも短期間で効果が出る!

面白そうなので、実際に挑戦してみました!
まずは「ファスティングダイエット」とは、どういったダイエットなのか書いてみたので、参考にしてみてください。

目次

ファスティングダイエットとは
 必要なもの
 準備食
 回復食
 期間
ファスティングダイエットのメリットとデメリット
ファスティングダイエットをする上での注意事項
まとめ

 

ファスティングダイエットとは

必要なもの

「ファスティング」というのは「断食」の事ですが、全く何も口にしないわけではありません。
酵素ドリンクでのファスティングの場合は「酵素ドリンク」を飲みます。
オプティマム・ファスティングの場合は「甘酒」、「無調整豆乳」、「プロテイン(ホエイプロテイン)」を混ぜたものを飲みます。

上記のように、様々なモノで栄養を取ります。
自分が実際に行ったファスティングダイエットは、この2つですね。

酵素ドリンクとは、植物性の発酵飲料の事です。
栄養素の吸収率が高いらしいので、ファスティングでよく使われています。
こういう感じのドリンク↓ですね。

つまりは1食置き換えダイエットの拡大版みたいなものです。
他にも色々なファスティングがあるようなので、調べてみると面白いかも?

あとはドリンク以外に水を1日に2リットル以上を飲みます。
水分を取る事は重要なので、絶対に忘れないようにしましょう。
自分の場合はアプリを使い、どれくらい水分を取ったのかを記録しました。


 

準備食

急に断食をするのは身体に良くないです。
そのため、断食をする前に食べる「準備食」というものがあります。

基本的には和食が中心で、消化の良いものを食べます。
徐々に食べる量を少なくしていくような感じです。
体を慣らすための準備ですね!

詳しくは下記の表を参考にしてください。
「ま」「ご」「わ」「や」「さ」「し」「い」(孫は優しい)と覚えると、準備食を用意しやすいです。

ま:まめ 小豆や黒豆などの豆類、納豆や味噌、豆腐などの発酵させたモノでもOK
ご:ごま ごま、くるみ、亜麻仁などナッツ類
わ:わかめ わかめ、ひじき、昆布、のり、もずくなど海藻類
や:やさい 緑黄色野菜や根菜などの野菜、果物類など
さ:さかな 切り身のお魚でも、小魚でもOK
し:しいたけ しいたけ、えのき、なめこ、まいたけなどのキノコ類
い:いも さつまいも、ジャガイモ、サトイモなど

 

回復食

断食した後は、体を普段の食事に戻していく「回復食」というものがあります。
胃が空っぽの中、急に普段の食事を食べても体に良くないですよね。
なので、お味噌汁やお粥などを少しずつ食べ、徐々に体を慣らしていきます。
回復食は断食期間と同じくらい期間を取ります。

ちなみに、回復食はめちゃくちゃ重要で、軽視すると痛い目に遭います!
いや、冗談ではなく本当に!

これは自分の実体験なのですが、「回復食は準備食と同じものでいいだろう」と回復食に関しては、あんまり調べずに食べちゃったんですよね。
で、実はNGなモノを飲食していて、急に気持ち悪くなるという経験が…。

――そんな訳で、皆さんは良く調べてから回復食を食べましょう!
インターネットで調べると、回復食の例とか色々と出てくるので参考すると良いかと。
 

期間

期間に関してまとめると、以下のようになります。

準備食(1~2日) 断食(1~3日) 回復食(断食と同じ程度)
和食中心(まごわやさしい) 水2リットル、酵素ドリンクなど お粥、味噌汁など

ただランチや飲み会など、付き合いがある平日に無理だという方もいると思います。
そういった場合は「週末ファスティング」という週末だけファスティングをする「プチ断食」というものもあります。

ライフスタイルに合わせてファスティングをするのもありですよ。
無理は禁物です。


 

ファスティングダイエットのメリットとデメリット

ファスティングダイエットは効果がすぐ出るのですが、人によっては辛く感じる場合があります。
メリットとデメリットを知った上で、ファスティングダイエットに挑戦するかどうか決めてください。
もちろん、途中で体調が悪くなったら止めてください。

メリット
・短期間で効果が出る
・内臓を休ませる事ができる
・味覚が鋭くなる
・体が軽い

デメリット
・人によってはストレスを感じる
・吐き気や頭痛、眠気など好転反応が出る場合あり

好転反応は体調不良ではなく、老廃物等の不要なモノを出す過程で起こるものです。
初めて症状が出た時は驚いて、途中でファスティングを止めたくなりますが、この症状は一時的なものなので中止する必要はないです。
ただし一時的ではなく、悪化したり、症状が酷い場合は中止しましょう。
他の病気の可能性があります。


 

ファスティングダイエットをする上での注意事項

ファスティングに向かない方や注意事項を記述しておきました。
参考にしてください。

  • 年齢16-60まで
  • 成長期の方は止めましょう。成長が阻害される恐れがあります。
     

  • 薬を飲んでいる方
  • 通院中の方は止めておきましょう。
     

  • 体重が著しく軽い方
  • 男性なら40kg以下、女性なら35kg以下の方が該当します。
     

  • 妊娠、授乳中の方
  • 生理中の方はセーフらしいですが、体調によっては止めておきましょう。
     

  • カフェインとアルコールは避ける
  • 準備食や回復食、ファスティング期間はカフェインやアルコールは避けましょう。
    コーヒーをよく飲んでいる方は、ファスティング前にカフェイン断ちをしておくと良いそうです。
    急に飲まなくなると、頭痛が起きる場合があるようなので。
     

  • NGな食材は食べない
  • 肉、卵などの高脂質、高タンパクなもの、白砂糖、人工甘味料、精製された小麦粉、乳製品なども避けます。
    ただヨーグルトは良くわからないです。Webサイトによっては勧めたり、避けてくださいと書いてあったりするので。
    その辺りは自己判断でお願いします。
     

  • 長風呂やサウナはしない
  • ファスティング中は避けましょう。
     

  • 無理な運動はしない
  • 激しい運動はNGです。
    ウォーキングやストレッチはOKです。むしろ推奨されています。
    自分の場合はラジオ体操をしていました。

まとめ

1食置き換えした事があるから自分は余裕で達成できるだろうと思っていたのですが、バッチリ好転反応が出ました。
慣れたら平気になっていきましたが、人によってはキツイかもしれません。
しかも自分の場合、回復食でやらかしたので、その時は「後悔」の文字が浮かびました…。
※自業自得

しかーし!
ダイエットの効果は凄かったので、全体的には挑戦して良かったです!

「え、たった数日でこんなに減るの!?」

――というくらい驚きました。
ファスティング後、食べ物が美味しく感じますし!
その辺りの詳しい話(体験談)は、そのうち書く予定です。

関連記事

やせおかダイエット

昼食にダイエットシェイクを飲み始めましたが、朝食や夕食もバランスよく食べようかと、「やせるおかず」を始めました。 テレビでも紹介されたダイエット方法、略して「やせおか」です! 目次 「やせおか」とは …

ダイエットアプリ、FiNC(フィンク)を始めてみた

今回は自分が使っている、便利なダイエットアプリ、FINC(フィンク)のご紹介。 他のダイエット記事にもチョロリと存在をほのめかしていましたが……。 そういえば、ちゃんとした紹介をしていなかったかも? …

ラジオ体操とダンスを始めてみた

前回から階段ダイエットを始めてみたものの―― 家での階段ダイエットは飽きますね(オイ) 自分の場合、浴室の段差を使い、鏡を見ながら100回ほど登り降りをしていた訳ですが、太った自分を見ながら運動するの …

世界一やせるスクワットその2

前回の世界一やせるスクワットその1で、概要を書きましたが、今回は実際の運動の仕方(基本のみ)と、ちょうど今日で4週間プログラムを終了したので結果を発表!   4週間プログラム 以下の1週間プ …

階段ダイエットを始めてみた

オンライン飲み会って楽しいですよね。 自粛ムードで、前みたいに友人と一緒に遊びに行ったり、飲みに行ったりするのが難しい世の中ですが、インターネットを繋いでいればオンラインで楽しめる。 オンライン飲み会 …

プロフィール

アイコン
rass(ラス) Lv10
HP 1119 MP 100 DP 6
職業 ダイエッター
状態 引きこもり


新着記事