ブログ パソコン

ブラウザのブックマーク(お気に入り)を移行してみた

投稿日:2018年12月11日 更新日:

Webページを見るためのツールであるブラウザ。
お気に入りのWebページを見つけたら、そのサイトのURL(住所)を「ブックマーク(お気に入り)」登録しますよね。
「ブックマーク(お気に入り)」に登録すれば、メニューからWebサイトへ移動できますから。

しかし、パソコンが新しくなると、ブラウザの「ブックマーク(お気に入り)」は、まっさらな状態になります。
もちろん一つ一つ登録し直すことは出来ますが、たくさんお気に入りサイトがあると登録するのが一苦労。

そこで、今回は「ブックマーク(お気に入り)」の移行のお話です。
今まで登録してきた「ブックマーク(お気に入り)」データを、新しいパソコンのブラウザに移行し、今までと同じように使うことができます。

※ブックマーク、お気に入り
「しおり」という意味。頻繁に見るWebページのURL(Webページの住所)を登録できるブラウザの機能。Webページの住所録のようなもの。FirefoxやGoogle Chromeでは「ブックマーク」、Microsoft Edgeでは「お気に入り」と呼称される。

目次

ブックマークの移行方法の種類
Firefoxでのブックマーク移行方法
Google Chromeでのブックマーク移行方法
Microsoft Edgeでのお気に入り移行方法
まとめ

 

ブックマークの移行方法の種類

ブックマークの移行方法は大体2通りになります。

  • ブラウザのアカウントを使ってブックマークデータを同期させる
  • エクスポートとインポート機能を使う

アカウントによるブックマークデータの同期は何となくイメージがつくかと。
ブックマークデータをアカウントと紐付けて表示させているだけですね。
たとえばブラウザのChromeであれば、Googleアカウントを使って同期させれば移行完了です。

しかし、もう一つのエクスポートとインポートとは何か。
直訳すると「輸出」と「輸入」ですが、コンピューター用語では少し意味が違います。

エクスポートとは「データをファイルに出力する」こと、インポートとは「データファイルを取り込む」ことです。
主に、異なるソフトウェア間でデータのやり取りをする時に使われます。

たとえ異なるソフトウェアでも、共通で使用できるファイル形式(拡張子)でデータを出力し、取り込めば、同一のデータを扱えるという訳です。

以上のことを踏まえた上で、実際にブックマーク(お気に入り)を移行していきましょう。
ちなみに、自分はアカウントによる移行をしたことがないので、今回は省略します。

※拡張子
ファイル名の後半についている「.(ドット)」以下の文字列のこと。コンピューターは、この文字列によって、どんなファイルなのかを判断している。Wordファイルは「.doc」「.docx」、Excelファイルは「.xls」「.xlsx」、Webページ用のファイルは「.htm」「.html」など。なお、拡張子を消して保存(※拡張子を省略して保存しても、自動的に拡張子つきで保存される場合あり)、または存在しない拡張子名に変更する等を行うと、コンピューターがどんなファイル判断できなくなり、エラーメッセージが表示される。
 

Firefoxでのブックマーク移行方法

Firefoxのブックマークデータのエクスポート及び、インポート方法。

  1. 古いパソコンでエクスポート
  2. 古いパソコンでFirefoxを起動し、右上の3本線のアイコンをクリックします。

    「ブラウジングライブラリー」から「ブックマーク」をクリック。
    一番下の「すべてのブックマークを表示」を選択します。

    ブラウザ上部のメニューの「ブックマーク」→「すべてのブックマークを表示」をクリックでもOK。
    むしろこの方法がわかりやすかったですね(後で気づいた)
    もしくは短縮コマンドの「Ctrl」+「Shift」+「B」でも良いです。

    以下の画面が表示されます。

    上部メニューの「インポートとバックアップ」から「HTMLとしてエクスポート」を選択します。
    「bookmarks.html」というファイル名で、USBメモリなどの記憶メディア(媒体)内へ保存します。
    ファイル名は拡張子(赤い部分)以外なら変更しても問題ありません。

    新しいパソコンでもFirefoxを使用する場合は「バックアップ」でもOK。
    その場合、ファイル名は「bookmarks-日付.json」になります。
     

  3. 新しいパソコンでインポート
  4. 新しいパソコンでFirefoxを起動し、上記と同じ手順で「ブラウジングライブラリー」画面を表示します。

    「インポートとバックアップ」→「HTMLからインポート」を選択。
    エクスポートしたHTMLファイル「bookmarks.html」を指定して「開く」をクリックします。

    「bookmarks-日付.json」をエクスポートした場合は「インポートとバックアップ」→「復元」、一番下の「ファイルを選択」でエクスポートしたファイルを選びます。

    ちなみに、「ファイルを選択」項目の上にある「日付(項目の数)」の一覧は、自動バックアップのファイルです。
    Firefoxはブックマークを自動バックアップしています。


     
    他のブラウザからブックマークデータを持ってくることも出来ます。
    ※使用するブラウザを変更する場合。古いパソコンで使っていた他ブラウザのデータ(HTMLファイル)を読み込む場合は、上記と同じように「HTMLからインポート」を選択。

    「インポートとバックアップ」→「他のブラウザーからデータをインポート」→ブラウザの種類を選び「次へ」→インポートする項目をチェックし「次へ」→「完了」。

    インポート完了後、ブックマークを表示させると、他のブラウザからもらってきたデータが表示されます。

Google Chromeでのブックマーク移行方法

Chromeのブックマークデータのエクスポート及び、インポート方法。

  1. 古いパソコンでエクスポート
  2. 古いパソコンでChromeを起動し、右上の点が3つあるアイコンをクリックします。
    「ブックマーク」→「ブックマークマネージャ」を選択。
    もしくは短縮コマンドの「Ctrl」+「Shift」+「O」でも良いです。

    右側の管理ボタンをクリックし、「ブックマークをエクスポート」を選択します。
    「bookmarks_日付.html」というファイル名で、USBメモリなどの記憶メディア(媒体)内へ保存します。
    ファイル名は拡張子(赤い部分)以外なら変更しても問題ありません。


     

  3. 新しいパソコンでインポート
  4. 新しいパソコンでChromeを起動し、上記と同じ手順で「ブックマーク」画面を表示します。
    今度は「ブックマークをインポート」を選択し、エクスポートしたHTMLファイル「bookmarks_日付.html」を指定して「開く」をクリックします。


     
    他のブラウザからブックマークデータを持ってくることも出来ます。
    ※使用するブラウザを変更する場合。古いパソコンで使っていた他ブラウザのデータ(HTMLファイル)を読み込む時は、上記と同じように「ブックマークをインポート」を選択。

    「ブックマーク」→「ブックマークと設定をインポート」→ブラウザを選択し、インポートするデータをチェック→「インポート」→「完了」。

    インポート完了後、ブックマークを表示させると、他のブラウザからもらってきたデータが表示されます。

Microsoft Edgeでのお気に入り移行方法

Edgeのお気に入りデータのエクスポート及び、インポート方法。

  1. 古いパソコンでエクスポート
  2. 古いパソコンでEdgeを起動し、右上の点が3つあるアイコンをクリックします。
    一番下の「設定」を選択。

    設定画面の「別のブラウザーからインポートする」を選びます。

    まずはエクスポートするので、「ファイルにエクスポート」を選択。
    「Microsoft_Edge_‎日付.html」というファイル名で、USBメモリなどの記憶メディア(媒体)内へ保存します。
    ファイル名は拡張子(赤い部分)以外なら変更しても問題ありません。


     

  3. 新しいパソコンでインポート
  4. 新しいパソコンでEdgeを起動し、同じ手順で上記の画面を表示します。
    今度は「ファイルからインポート」を選択し、エクスポートしたHTMLファイル「Microsoft_Edge_‎日付.html」を指定して「開く」をクリックします。
    これで移行完了です。
     
    他のブラウザからブックマークデータを持ってくる場合は、「ユーザー情報のインポート」画面上部にあるブラウザを選択して「インポート」。
    インポート完了後、ブックマークを表示させると、他のブラウザからもらってきたデータが表示されます。
    ※使用するブラウザを変更する場合。古いパソコンで使っていた他ブラウザのデータ(HTMLファイル)を読み込む場合は、上記と同じように「ファイルからインポート」を選択。

まとめ

エクスポートとインポート機能はブックマークだけではなく、メールソフトやユーザー辞書、FFFTP(ファイル転送ソフト)のデータ移行、はたまた大量のデータをシステムに入れる時とかバックアップにも使われたりします。

バックアップにとってあったファイルを読み込むだけで、設定やデータの復元ができるので、万が一のためにしておくと良いかもしれません。

実は自分、新しいパソコンでFFFTP(ファイル転送ソフト)の接続設定をする時に、最初に設定したパスワードを忘れ、接続できずに困っていたんですよね……。
でも、古いパソコンでエクスポート&新しいパソコンにインポートするだけで設定が復元できたので、本当この機能に救われました。

関連記事

接続用のIDとパスワードを設定してみた(PPPoE接続の場合)

前回、パソコンの初期設定(セットアップ)の説明を終えて、ふと思いました。 「プロバイダ(接続業者)からもらった接続用のIDとパスワードっていつ使うんだっけ?」 どこかで使った記憶がかすかにありました。 …

パソコンの初期設定(セットアップ)をしてみた

インターネット関連の準備が終わったら、パソコンの初期設定(セットアップ)を行います。 インターネットの接続設定は後でもできるので、インターネットの接続準備は前後しても大丈夫。 「パソコンの初期設定って …

無線でインターネットに接続してみた

インターネットの無線接続に関しては、パソコンの初期設定(セットアップ)でも書いていますが、今回は初期設定でインターネットの接続設定を飛ばし、かつ無線で設定したい場合の説明。 具体的には、インターネット …

Googleアナリティクスを導入してみた

Googleアナリティクスを導入してみました! ※Googleアナリティクス ブログのアクセス数や、訪問者の行動(どの記事を読んでいるか、何処から来たのか)等が解析できるツール。無料。 ……1年ほど前 …

エックスサーバーでブログを作ってみた(サーバーレンタル編)

エックスサーバーでブログを作ってみました。 ……ノリで。 いえ、最初は仕事用のWebページを作るつもりだったのですが、サーバーに関して調べていくうちに、「WordPress(ワードプレス)」という言葉 …

プロフィール

アイコン
rass(ラス) Lv10
HP 621 MP 94 DP 7
職業 新人ブロガー
状態 せきぜんそく


新着記事