生活

確定申告をしてみた

投稿日:2019年3月11日 更新日:

今年は確定申告が必要なので、うんうん言いながら何とか書いて提出しました!
いやー、提出が終わると晴れやかな気分になりますね。
試験が終わった時のような爽快感があります。

せっかく確定申告について頑張って調べて書いたので、今回はそのメモでも残してみようかと。
もしかしたら、また書くかもしれないし。
良かったら、参考にしてください。

目次

確定申告とは
確定申告が必要な人とは
確定申告の作成方法
確定申告の提出方法
まとめ

 

確定申告とは

確定申告とは何かというと、簡単に言ってしまえば税金の手続きのようなものです。
要するに、個人の収入、家族状況、生活等に合わせた税金額を決めるための申告ですね。

1月1日から12月31日までの1年間の間に、どれだけ稼いだか(所得)を調べ、その収入から以下のような項目を控除(減額)して計算します。
そして、定められた期間(毎年2月16日から3月15日、曜日によっては日付が前後する)に税務署に申告します。
申告した額によって、次の年の税金額が決定する訳です。
 

減額できる所得控除例

  • 年金や保険料をこれだけ払いました(社会保険料控除、生命保険料控除、地震保険料控除)
  • 病気や怪我で病院へ行きました(医療費控除)
  • 自分には守るべき妻と子どもがいるんだ!(配偶者控除、扶養控除)
  • ふるさと納税してみたよ(寄附金控除)
  • 災害や盗難に遭った……(雑損控除)
  • 念願のマイホームを手に入れたorリフォームをした(住宅ローン控除)

などなど。

対象者なのに確定申告を無視したりすると、「無申告加算税」という罰則金を追納しなければならなくなるので、必ず確定申告を行いましょう。
税金を払いすぎた場合、還付金としてお金が戻ってくることもありますし!(ここ大事)

※還付金(かんぷきん)
給与をもらった時に自動的に天引きされる所得税(源泉徴収)が、年末調整や確定申告で再計算した所得税より多い場合、その差額分を納税者に返金される仕組み。支払手続きはe-Taxなら2~3週間、それ以外は1ヶ月から1ヶ月半程度かかる。給与と一緒に支払われるか、確定申告で書いた振込先に振り込まれる。電話で「還付金の受取のためにATMへ」と言われるのは還付金詐欺なので気をつけよう。
 

確定申告が必要な人とは

給与を1つの場所からもらっている場合は、年末調整という形で申告しています。
年末調整で書かれたものを、会社がまとめて確定申告しているような感じです。

よって、バイト先や会社で年末調整をしている場合は、確定申告の必要はありません。
多くの人はコレ↑に該当するので、確定申告をしたことがある人は少ないかと。

しかし、年末調整をしていても確定申告が必要な場合はあります。

  • 給与が2000万円を超える、給与以外の収入が20万円を超える場合
  • 給与を1つの場所からもらっている場合でも2000万円を超える給与収入、または、投資や副業(アフィリエイトやクラウドソーシング)等で給与以外の収入が20万円を超える場合は確定申告が必要になります。
     

  • 給与を2箇所以上の場所からもらっている場合
  • 2箇所以上の違う場所で給与をもらっている人は確定申告が必要です。
     

  • 医療費が10万円を超える場合
  • 医療費が10万円を超えた場合(一部例外あり)は医療費控除が受けられるので、会社員でも確定申告すべきかと。
    同一生計(生活費を同一にしていること、家族分もまとめて支払っている場合)なら家族分をまとめて申請できます。
     

  • 個人事業主(フリーランス)の人が38万円を超える収入を得た場合
  • 副業ではなく、専業で個人事業を行っている、かつ、なかなかの収入(38万円超え)がある時は、確定申告が必要です。
    38万円以下の場合は確定申告の必要はありませんが、所得が少なくても確定申告はしておいた方が良いみたいですね。
    「頑張っているけど、稼げてないんです(泣)」というアピールになるとか。

    なお、個人事業主の場合は白色申告(簡単な帳簿づけ)と青色申告(難しい帳簿づけになるが、特別控除が受けられる、要申請)の2種類、申告方法があります。
     

  • 学生や主婦、無職の人が38万円を超える収入を得た場合
  • 給与所得がない場合でも、ポイントサイトやアフィリエイト等での稼ぎが38万円を超えていたなら対象。
    ポイントサイトでの収入(友達紹介、広告利用、ゲームなど)も雑所得扱いになります。
    ただし現金や電子マネー等にポイント交換していない場合はまだセーフ。
    換金した時点で課税の対象になります。

    自宅にあった不用品の売却は「生活用動産」になるので20万を超えても問題はありません。
    ただし骨董品や高価な貴金属類は別。

    ハンドメイド作品や転売目的で購入した商品を販売した場合は、必要経費を除いた利益分は課税対象になります。
     

  • 年の途中退職し、年末調整を書いていない場合
  • 会社を年の途中で退職し、年末調整を書いていない場合は、確定申告が必要です。
    確定申告のために会社から源泉徴収をもらっておきましょう。
    退職後、1ヶ月以内に勤めていた所から送ってもらえるとは思いますが(自分はそうでした)、そうでない場合は直接請求すべきかと。

    次が決まっている場合は新しい会社へ源泉徴収を提出し、年末調整を行うので確定申告は必要ないです。
     

  • ふるさと納税した場合
  • ふるさと納税ワンストップ特例制度というものがあるので、元々確定申告をする必要がない人は「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」や個人番号確認、及び本人確認書類を自治体に郵送するだけで省略できます。
    しかし、6自治体以上にふるさと納税を申し込んだ場合は別。
    確定申告の必要があります。

    元から確定申告する必要があるなら、ふるさと納税分を合わせて申告しましょう。
     

  • 年金受給者で公的年金の収入が400万を超える、もしくは公的年金以外の収入が20万を超える場合
  • 年金受給者も場合によっては確定申告が必要になります。
    実は年金も所得扱いになるみたいです。
    ただ確定申告不要制度というものがありますので、必ずしも確定申告が申告が必要という訳ではありません。

    確定申告不要制度(出典 政府広報オンライン)

 

確定申告の作成方法

書く方法というより、どちらかというと書く手段の説明ですね。
人によって書き方は違うので、細かい書き方はここでは説明しません。
だって自分、確定申告は2回目という初心者ですし……。
書き方に関して詳しく知りたい方は国税庁のWebページをご覧ください。

  • パソコンで作成
  • 国税電子申告・納税システム、e-Tax(イータックス)を利用して、パソコンで作成します。
    国税庁の確定申告書等作成コーナーで作れます。
    初めて作成する時は「作成開始」から、過去に作成したことがある方は「保存データを利用して作成」から確定申告の作成を開始します。

    マイナンバーカードとICカードリーダライタがあれば、入力したデータをそのまま送信(マイナンバー方式)できます。

    もしくは、税務署の職員と対面して本人確認を行い、ID・パスワードを発行→e-Taxを利用して送信――といった方式(ID・パスワード方式)もあります。
    その場合、源泉徴収票など書面で提出が必要な添付書類の提出不要(ただし自宅で保管する必要あり)になります。

    なお、自分は上記のどれでもないe-Taxで作成→書類印刷→税務署へ提出という方式を使いました。
     

  • スマートフォンで作成
  • 2019年からスマートフォンで申請できるようになりました。
    手軽にできる時代になりましたね。

    スマートフォンでの申請では「ID・パスワード方式」(税務署の職員と対面して本人確認を行い、ID・パスワードを発行する必要がある)を利用してe-Tax送信が可能です。
    しかし、確定申告書類の一部に制限がある模様。
    2019年の時点では、年末調整が済んだ会社員(給与受給一箇所)で医療費控除、寄付金控除の申告のみ。

    スマートフォンでの作成(出典 国税庁)

     

  • ソフトウェアで作成
  • 会計ソフトや確定申告のソフトで作成することも出来ます。
    個人事業主の場合は確定申告が複雑化するので、ソフトを利用する便利。
    ステップに沿って入力するだけで、書類を自動作成してくれます。
     

  • 手書きで作成
  • 国税庁のWebページや税務署等で申請書用紙を入手して、手書きで書類を書くことも出来ます。
    しかし、個人的には間違えやすいと思うのでオススメはしません。

 

確定申告の提出方法

以下はデータ送信しない場合での提出方法です。

  1. データを印刷、確認、押印
  2. パソコンで入力した場合は印刷します。
    内容に間違いがないかを確認し、書類に印鑑を押しましょう。
    控えの書類も提出するので、それにも押印します。
     

  3. 関連書類を準備
  4. 添付書類を貼る箇所(台紙)がありますので、源泉徴収(原本)や社会保険料(国民年金保険料)控除証明書等を貼り付けます。
    本人確認の書類は、マイナンバーカード(コピー)、なければマイナンバー通知カード+運転免許証などの身分証を貼り付けます。
     

  5. 提出
  6. 郵送、もしくは直接税務署に持っていき、提出します。
    税務署の時間外収受箱に投函という手もあります。

    確定申告時期の税務署は混んでいるので、郵送がオススメ。
    控用の申告書に収受日付印が必要な場合は、返信用の封筒に切手を貼って、書類と一緒に送ります。
    提出期限厳守なので、通信日付印(消印)が提出期限よりも前になるように送りましょう。

    初めて確定申告を行う場合は、税務署の受付に直接持参する方が良いかもしれません。
    職員に直接質問ができるので。

 

まとめ

ちょっと大雑把だったかもしれませんが、確定申告に関してでした。

確定申告の書き方が良くわからない人は、関連書類や印鑑、身分証明書等を持って、確定申告会場や税務署で作るという手もあります。
質問コーナーとかもありますしね。

自分は今回、自宅で書類を作成し、税務署に直接提出しに行きました。
平日の受付終了時間直前に行ったら、かなり空いてましたよ。
前に3人程度並んでいたくらいでした。
しかも、提出だけだったので、あっさり終わりました。

確定申告は早めの提出をオススメします。
ギリギリに始めて、後から不備が見つかったとなると大変ですし、余裕を持って作成しましょう!

関連記事

楽天銀行の暗証番号を忘れたので、再設定してみた

楽天銀行の口座を開設して、早数ヶ月。 前回、楽天銀行とゆうちょ銀行と連携したので、ゆうちょ銀行から少額入金してみようと思ったら、できませんでした。 なぜなら――。 暗証番号を忘れていたから。 ATMで …

Yahoo! JAPANカードが届いたので、色々してみた(署名、利用手続き、本人認証サービス、初回利用)

Yahoo! JAPANカードが届いたら、何点かやるべきことがあります。 今回はカードが届いたらやるべきことを書いてみました。 目次 Yahoo! JAPANカードに署名する Yahoo! JAPAN …

ガムテープ跡をキレイに剥がしてみた

現在、断捨離2回目を実施中です。 え? 前にもしてなかったですって? 確かに大規模な断捨離は以前に実施しましたが、今回は年末の大掃除のようなものです。 ほら、トキメキ基準って年々変わると思うので、年に …

断捨離その4~本~

服が終わったら、今度は本です。 しかし、これが一番大変でした。 なんせ以前イラストで描いたような大きい本棚だけではなく、中サイズの本棚も二つ所有しているので……。 ここまで多いと本棚から取り出すのが非 …

楽天インサイトでアンケートに答えてみた

楽天グループでもアンケートモニターをしているので、登録してみました。 その名も「楽天インサイト」。 以前は「楽天リサーチ」という名前でしたが、2018年8月以降は名前が変わったみたいですね。 ※アンケ …

プロフィール

アイコン
rass(ラス) Lv10
HP 570 MP 93 DP 7
職業 新人ブロガー
状態 せきぜんそく


新着記事