稼ぐ クラウドワークス

クラウドワークスでプロフィールを編集してみた(受注者メニュー編)

投稿日:2018年8月31日 更新日:

前回、クラウドワークスに登録してみたので、今度はプロフィールを編集してみます。

プロフィールを充実させなくても仕事はできますが、仕事の依頼が段違いと聞いたので。
確かに、こんなことが出来ますよと書いてあれば、発注者も仕事の依頼をしやすくなりますよね。

プロフィールの編集はクラウドワークスにログイン後、画面右上の「ユーザー名」→「プロフィールの編集」で変えることができます。


※実際には「ななし」、「rass」の名前で登録していません。

自分はお仕事をもらう側なので、受注者メニューを編集していきます。
項目の一覧は下記の通り。

目次

ワーカー情報編集
スキル登録・スキル検定
ポートフォリオ・経歴登録
プロクラウドワーカー
NDA(秘密保持契約)

 

ワーカー情報編集

職種や仕事のカテゴリ、自己PRが入力できます。

  • 職種
  • 職種は会員登録時に選択したものが表示されます。
    変更したい場合はチェックを変えます。
    複数仕事をする場合は、メインで仕事をしている職種にチェックを入れます。
     

  • 仕事カテゴリ
  • 得意分野を登録しておくと、発注者から見つけてもらいやすくなるそうです。
    「仕事カテゴリの選択」をクリックするとカテゴリーの一覧が表示されるので、得意な仕事、できると思う仕事にチェックを入れて選んでいきます。
    「決定する」ボタンを押すと、仕事カテゴリにチェックを入れたカテゴリが表示されます。


     

  • ステータス
  • 「対応可能です」、「仕事内容によります」、「忙しいです」の中から1つ選択できます。
    忙しくなってきた場合は変えとくと良いかも。
     

  • 稼働可能時間/週
  • 1週間に何時間働けるかを選択します。
    自分は無理をしたくないので、1番短い「10時間以下」を選択しました。
     

  • 時間単価
  • いくらで働きたいか希望を書く場所。要するに時給希望額のことです。
    報酬交渉の目安になります。下限のみ必須。
     

  • 年齢層を公開する、自己PR、Twitterアカウント、出身地や出身校などの参考情報
  • 年齢層以下の項目は任意の項目になるので、書きたくなければ書かなくてもオーケー。
    しかし、自己PRは仕事の受注に繋がるので書くべきです。
    ちなみに、画像の自己PRは見本として元から書いてあるものです。
    自分が書いたものではないのであしからず。

スキル登録・スキル検定

スキル登録

持っているスキルを登録していきます。
特にこれといってなければ、書かなくても大丈夫です。

しかし、文章作成ソフトウェアWordや、表計算ソフトウェアexcelの基本操作ができれば、書くべきです。
デザイン系の人なら、画像編集ソフトウェアPhotoshopやillustrator、ブログを運営している人なら、専門知識がなくてもWebサイトを作成できるソフトウェアWordPress、プログラミング言語のHTMLやCSS等々が書けますよね。

翻訳の仕事もあるので、英検などの資格があればアピールになります。
他にも国家資格を書いている人もいました。

ステータス項目で「勉強中」が選択できるので、自分は勉強中のスキルでも書いてます。
それはそれでアピールになるかもしれないので。

  • スキル名
  • 文字を入れていくと候補一覧が表示されるので、そこから選択。
     

  • レベル
  • 「初心者」、「勉強中」、「普通」、「上級」、「エキスパート」が選択できます。
    あとで困るのは自分なので、ここは正直に書きましょう。
     

  • 経験年数
  • 大体で良いかと。自分も正確には覚えてないので、アバウトです。
     

  • 備考
  • 何か追加でアピールできることがあれば書きます。
    リンクも貼れるので、自分が作った作品とかでも。

入力が完了したら、「スキルを登録する」ボタンをクリックします。
すると登録済みスキル一覧に追加されます。
 

スキル検定

スキル検定はクラウドワークスが独自に検定を実施しているものです。
合格すると受注率が上がるかも?
無料で受験できる試験もあるので挑戦してみるのも手ですよ。


 

ポートフォリオ・経歴登録

あれば書くというスタンスで。
ポートフォリオとは自身の実力がわかる作品集のことです。

自分も経歴と実績があるといえばあるのですが、面倒だったので書いてません。
著作権の問題もありますしね。
※企業等へ納品した場合、許可なしに勝手に成果物を掲載できない。
 

プロクラウドワーカー

実績がないと、プロクラウドワーカーになれないので、始めたばかりの場合は無視してオーケー。
 

NDA(秘密保持契約)

企業秘密を勝手に漏らしませんよという契約。
とはいえ、契約を結ばなくても秘密を守るのは当たり前の話ですが。

契約を締結すると信頼度が上がりますが、しなくてもオーケー。
自分もしていないです。
ちなみに、締結する場合は、本人確認書類の提出が必要です。
 

受注者メニューのプロフィール設定だけで長くなってしまったので、続きのプロフィールの編集(共通)は次回書きます。


関連記事

A8.netに登録してみた

前回、アフィリエイトについて簡単に説明したので、今度は個々のASPについてご紹介していきたいと思います! まずは初心者でも登録しやすいA8.netからご紹介。 このASPは登録に審査がないので、とりあ …

モッピー経由でお買い物をしてみた

今の世の中、ネットショッピングが当たり前になってきています。 しかし、どうせ買い物するなら、お得にお買い物をしたい。 そこで今回紹介するのは、モッピー経由でのお買い物方法。 公式サイトでお買い物をする …

Amazonアソシエイトを始めてみた

今回はAmazonアソシエイトをご紹介。 Amazon「アソシエイト」という何だか新しい単語が出てきましたが、実はAmazonのアフィリエイトのことです。 Amazonアソシエイトも比較的、初心者向け …

マクロミルでランクアップしてみた

マクロミルでアンケートに答えていくと、ポイントはもちろんのこと、それ以外に「XP」という値が貯まっていきます。 そして、一定以上の「XP」を貯めると、なんとランクアップするのです! ――で、ランクアッ …

クラウドワークスでタスク形式の仕事をしてみた

クラウドワークスにはタスク形式、コンペ形式、プロジェクト形式 ――と、三種類の仕事形式があります。 今回は一番取り組みやすいタスク方式のお仕事を紹介します。 目次 タスク形式とは 主な流れ 受注してみ …